お知らせ

news

昨年度大学院修士課程を卒業した和田里穂さん(現・川崎医療福祉大学 医療福祉学科 助教)の論文がActa Medica Okayamaに掲載されました。

Jul.02.2021


Validity and Reliability of the Japanese Version of the 12-item Self-administered World Health Organization Disability Assessment Schedule (WHODAS) 2.0 in Patients with Schizophrenia

Riho Wada, Masaki Fujiwara, Yuto Yamada, Naoki Nakaya, Maiko Fujimori, Ryuhei So, Masafumi Kodama, Yuji Higuchi, Kyoko Kakeda, Yosuke Uchitomi, Norihito Yamada, Masatoshi Inagaki

精神疾患による機能障害の評価尺度として、WHOが開発したWorld Health Organization Disability Assessment ScheduleWHODAS2.0の使用が推奨されています。しかしながら、精神障害者における日本語版WHODAS 2.0の妥当性、信頼性を検討した報告は未だありませんでした。
本論文は、統合失調症患者を対象に、日本語版WHODAS 2.0 自己記入版12項目版が良好な内的整合性、収束的妥当性を示したことを報告しました。

一覧はこちら

  • 来院される方へ
  • 臨床研究にご参加の方へ
  • 医師募集
  • 同門会の皆様へ