研究の紹介

Research

老年期精神疾患・認知症研究グループ

 アルツハイマー病を中心とする認知症疾患は、今日では単なる医学的な問題に留まらず、大きな社会問題となっています。 当グループでは、主にアルツハイマー病などの認知症疾患、および老年期における精神疾患を対象とした研究を行っています。基礎研究のみにとどまらず、臨床をも含めた広範な研究を行い、認知症疾患や精神疾患に苦しむ患者さんやご家族のために貢献できることを願っています。

1.神経病理学的研究

剖検脳を用いて、その組織病理学的検討を行い、各疾患の病態解明に迫ります。具体的には、剖検脳から目的の部位を取り出し、染色して光学顕微鏡や電子顕微鏡で観察します。長年の蓄積により、一般的な疾患だけでなく、稀な疾患の貴重な標本も多数あり、特に非アルツハイマー型認知症に関する研究に関しては全国的にも有名です。
2010年以降の業績(神経病理学的研究)

2.もの忘れ外来および精神科病棟での臨床研究

2つの分野で研究を行っています。1つは、もの忘れ外来での研究です。患者さんの呈する臨床症候の神経基盤を探求したり、日常診療で用いられている認知機能検査の意義を明らかにする研究を行い、報告しています。また、重要な認知機能検査の日本語版を作成し、信頼性・妥当性を検討しています。さらに、最近は、患者さんの治療同意能力に関しても研究を行っており、重要なプロジェクトとして推進しています。
2つ目は、平成25(2013)年に始まった分野ですが、精神科病棟に入院された高齢者の方を対象として、器質的な病変の影響を調べたり、退院後の長期予後を調査するプロジェクトを始めています。老年期精神疾患においては、器質性病変の影響は非常に大きく、その詳細を明らかにする研究は最先端のものと自負しています。
2010年以降の業績(大学病院での臨床研究)

3.関連病院との共同研究

関連病院の先生方と協力して行っている共同研究です。既に、認知症高齢者のQOL評価票を、日本で始めて開発するなど着実に成果を挙げてきました。平成26(2014)年からは、middle Western Japan - Dementia studyとして、研究グループを作り、多くの病院の先生方に御参加いただき、重要なプロジェクトとして、より大規模な臨床研究を始めています。
2010年以降の業績(関連病院との共同研究)

4.認知症疾患の動物モデルを用いた研究(現在、休止中)

アルツハイマー病を始めとする認知症疾患の多くで、中枢神経組織にタウと呼ばれる蛋白質が異常な沈着を起こしています。 当グループでは、タウ蛋白をマウスの中枢神経系に過剰発現させたマウスを用いて、認知症疾患の病態解明や、予防法・治療法の開発を目指して研究しています。 このマウスは、国際的にも注目を集めている貴重なマウスであり、国内では当グループしか飼育していません。 このマウスで起こる病理変化や臨床症状を予防したり治療したりできれば、実際の患者さんの予防や治療に応用できる可能性があります。 競争の激しい分野ですが、国内外の多くの研究者とも議論を重ねながら、研究を進めています。
2010年以降の業績(動物モデルを用いた研究)

5.実施中のプロジェクト

5-1.Middle Western Japan - Dementia Study (mid-Dem study)

認知症や老年期の精神疾患を対象として、大規模な臨床研究を行うための組織として、Middle Western Japan - Dementia Studyグループを平成26(2014)年に立ち上げました。現在は、岡山県下の精神科病院を中心として研究を始めていますが、将来的には、より広汎な地域の精神科病院に参加していただける形にしていきたいと考えています。
平成26(2014)年、最初の研究として、非経口的な栄養摂取を受けておられる患者さんの実態調査を行いました(mid-Dem study01)。平成27(2015)年は、非経口的な栄養摂取を受けた患者さんの予後調査(後ろ向き)を実施しています(mid-Dem study02)

5-2.認知症高齢者の治療同意能力に関する研究

超高齢化社会を迎えた現代の日本においては、認知障害を有する高齢者が手術など高侵襲の治療を受ける機会も激増しています。インフォームド・コンセントあるいはインフォームド・チョイスを考える際に、本人に治療同意能力が有るか無いかは非常に重要な問題です。
 平成23(2011)年以降、当院もの忘れ外来を受診された方を主な対象として、治療同意能力の検討を始めています。今後の医療において無視することの出来ない領域です。

5-3.老年期精神疾患の予後研究

平成25(2013)年より開始された研究で、大学病院の精神科病棟に入院された高齢者の方を主な対象としています。老年期精神疾患における器質性病変の影響を評価すること、或いは疾患の長期的な予後を明らかにすることを目的としています。

5-4.BPSD初期対応の効果検証に関する研究

国立長寿医療研究センター(行動心理療法部)を主管とする研究に参加しています。社会福祉法人 三恵会の全面的な協力をいただき、実施しています。

5-5.J-ADNI 2

 東京大学を主管として行われたJ-ADNI研究に参加しました。J-ADNI研究を発展させる形で、2013年からJ-ADNI-2研究が始まっています。当院の神経内科・精神科が協力して参加しています。
J-ADNI 2ホームページへ