研修のご案内

Training

岡山大学精神科神経科臨床研修システム(後期研修)

はじめに

岡山大学の精神神経病態学教室は、開講120年をこえる歴史ある教室です。日本で初めて精神科に生物学的研究を取り入れ、日本が世界に誇る精神科医の一人にあげられる林道倫教授、内観を治療に取り入れた奥村二吉教授、合理的薬物療法を提唱した大月三郎教授、スモンの病因解明や神経病理学の発展に寄与した黒田重利教授らによって特徴付けられてきました。教室の正式名称は「岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 精神神経病態学講座」であり、診療科では「精神科神経科」となります。

私たちは新しい研修システムを提案します

精神科臨床研修をより充実させ、広い知識をもつ質の高い精神科医を育成するために、岡山地区の多くの病院からなる岡山精神神経医療コミュニティー(ONPC)を構築しました。